マダニに注意を | フロントラインスプレーを利用し、ペットのノミダニ対策を手軽に
容器が倒れている様子

マダニに注意を

フロントラインスプレーを使用することによって駆除や寄生予防といったことができるノミやダニですが、このノミやダニの内ダニと呼ばれる虫、この虫の中には実は非常に危険な症状を引き起こす種類の物が存在しています。
それはマダニと呼ばれる種類のダニです。
このマダニというのは、日本各地に生息している非常に一般的なダニの1種で、大きさも比較的大型のダニなのですが、このマダニというのはバベシア症と呼ばれる症状を引き起こす細菌を体内に宿していることがあるのです。

マダニが引き起こすバベシア症ですが、この症状はマダニの体内に生息する細菌が原因で発症します。
マダニがペットの身体に噛みつき、血を吸う際に細菌は体内に入り込みます。
体内に入り込んだ細菌はそのまま血液中を流れていき、身体の中で増殖をしていくのですが、この細菌というのは血液中の赤血球を破壊する働きを持っています。
その為、体内で増殖したこの細菌は血液中の赤血球をどんどん破壊していき、身体の中をうまく酸素が流れない状態を作り出していくのです。
その結果、バベシア症を発症すると貧血などの症状が現れるようになり、ペットは段々と元気をなくしていってしまいます。
その後症状が重症化してしまうと、最終的には多臓器不全といった症状を発症し、そのまま命を落としてしまうこともあるのです。

このような危険な症状を引き起こす可能性があるため、マダニと呼ばれる種類のダニというのは、特に注意が必要と言われているのです。
なので、定期的にフロントラインスプレーを使用しノミやダニの駆除や寄生予防を行うようにしましょう。